スポンサーサイト
スポンサー広告 | | | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誕生と死のはざまで
日記 | CM:3 | TB:0| edit
今日は久しぶりに仕事で怒られました。

久しく怒られてなかったような気がするので

なんだかとてもへこみました。

40cm陥没。




以前自称うつ病の時期には

怒られるたびに


「自分は必要の無い人間なんだ・・・

それならばこの世からいなくなってしまいたい・・・」



とそこそこ本気交じりで自殺を考えるような

とても危ない精神状態でした。



今では少し落ち着いてきて

ちょっと怒られても


「自分は必要のない人間なんだ・・・

いっそこの世から・・・

いや、待てよ。

こんなことで死んでたらバカみたいだな。

それなら

いっそこんな会社からいなくなって・・・

いやいやいや、この時代辞めるなんて言い出したら、

引き止められる暇もなく快く辞めさせてくれるだろうから

引くに引けなくなって

無職→実家でニート→追い出されホームレス

なんてことになるかもしれない。

それはやだな。

ならば

少し我慢して、もうちょっとがんばってみるか!」



とねじれながらもポジティブに考えられるようになり

現在に至るわけであります。



久しぶりに怒られてへこんだ今日。

性と死についてちょっと考えてみました。





人気blogランキングへ←16連射で押しまくれ!目指せ高橋名人。


何かの本で読んだ内容。


「人間は生まれてからずっと死に向かって進んでいる、

どんな人間でも最後のゴールは死である、

死に向かって進んでいるということは、

毎日少しづつ死んでいっているということだ、

即ち生きるということは

ちょっとずつ死んでいくということだ。」


みたいな感じで生きることと死ぬことを語ってました。



人生の端っこと端っこが

誕生と死だとすると

おいら達は今

誕生と死のはざまにいるということになります。







人生に端っこと端っこ。

最近はそれに触れる機会が多いような気がします。







この間まで一緒の職場にいたパートさん。

とっても気さくでかわいくてしっかりもののいい奥さん。

仕事もできて、愛想もよくて人気ものでした。

たとえるならば

プリティというよりプリキュア。

ヘルシーというよりヘルシア。

セクシーというよりセクレタリー。

ヘネシーというよりロマネコンティ。

テネシー川というよりチグリス・ユーフラテス川


といった感じのとてもすばらしい女性でした。

その方は来月二人目を出産ということで、

大きなお腹を抱えながら仕事をされておりました。


機会あってそのお腹を触らせてもらったのですが、

(勢い余っておっぱいも触らせてもらおうかと下心ありつつ)

なんだかとってもあったかくて

この中にひとつの命があるのかと思うと

とても不思議な気持ちになりました。

ある意味おっぱい触るより心地よい、そんな気持ち。

ご主人の転勤で遠い所に行ってしまわれたけど、

がんばって元気な赤ちゃんを産んでください、おっきー。




別の人ですが、

この間まで普通にしてたのに

いつの間にかマタニティ用の制服を着るようになられたパートさん。


また、別の人

一緒にダイエット合戦してた取引先の看護婦さん。

なんだかふっくらしたねと嫌味のつもりで言ったら、

「じつは赤ちゃんができたの、院長にはまだ内緒だけどね」と。


他にもできちゃっただの、できてないなどの話がいろいろ。

なんだかおいらの周りには新たな命であふれてます。



















かわって、















先週。














おいらの取引先の社長が自殺しました。


















とてもショックでした。


借金の明細が書いた紙。

従業員宛に「すまない」といった内容の遺書。

残務処理に走り回る経理のおばちゃん。

途方にくれる他の従業員。


新たな命の誕生の周りには

とってもあったかいプラスのエネルギーが満ちあふれてるけど

反対に死の周りには

ちょっとひんやりマイナスのエネルギーがよどんでる。

周りの人をどんよりさせる負のエネルギー。


その負のエネルギーを浴びた状態で

嫌なことがあったりすると

また以前の自称うつ状態になってしまいそうで、

とても恐ろしくなってしまいました。


なんだか引き寄せられてしまいそうで。




そんなことを考えていたら、

また、赤ちゃんが入ったお腹をさわってみたいなあと

いっぱいプラスのエネルギーをもらいたいなあ

(できればおっぱいエネルギーもほしいなあ)

と思ったのでした。











人肌が恋しい。














ココロの中の素敵さんがささやく

「子供を生むたびに女性は強くなっていくのですってよ。

母は強しですわ。」


ああ、子供がほしいなあ。






スポンサーサイト
まりりん | URL 08/30 09:04 | edit
うんうん、わかるような気がします。私の周りでも友達が次々と子供を産んでて、まったくうらやましい限りです。
で、私も大切な友達を亡くしたことがあります。白血病で。病棟の写真を友達のお母さんから見せてもらった時は、涙が止まりませんでした。生きてることの素晴らしさ、生きたくても生きれなかった友達を思うと自分の悩みなんてなんて小さなものなんだろうって思います。周りから「偉いね~」とか褒められても、死と戦った友達にはとても勝てない、そう思います。
ありがとう。
おっきー | URL 08/30 10:28 | edit
毎日楽しみにブログ読んでるよ。いつ登場するかな~って思いながら、やっと!!登場したよ!今お腹ね赤ちゃんも2000グラムを超えたよ。あと一ヵ月半。頑張る。飲めるようになったらまた一緒に飲みに行こうね。来週、一週間そっちに帰るから支店に行くからね。仕事で色々あると思うけど頑張って!!いつも応援してるよ。
むあさる | URL 08/30 22:22 | edit
>まりりんさん
でも死んでしまうより、今生きている方がずっと大変だと思います。生きていることが戦うことだと思います。がんばって。

>おっきー
ほんとに今が一番大事なときなので体調には十分気をつけて元気な赤ちゃんを産んでください。また飲みまくりましょう。
Comment Writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://muasaru.blog52.fc2.com/tb.php/14-013375fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。