スポンサーサイト
スポンサー広告 | | | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛そうな話
日記 | CM:3 | TB:0| edit
仕事中にたまに通る道にタクシー会社がありまして、

その会社の壁には「無事故連続○○日」と

でっかく貼ってあるのです。

きっと

うちのタクシーは事故がこんなに少ないんですよ

とっても安全なんですよ、

とアピールする目的なのでしょう。


で、

とおるたびに気になって見てるのですが

見るときは大体


「無事故連続30日」


となっているのです。

「40日」や「25日」となってることも多いのですが

大体25~40日の間くらいですね。


つまりはこのタクシー会社は


















月に一度は


事故を起こす

















そんなタクシーできれば利用したくない。

まったく逆効果のその看板。





いい加減気づけよ!





と声を大にして言いたいのですが、

いつもそこの駐車場でタクシーの車を洗車してる運転手さんが

スキンヘッドのコワモテの方なので

声を出さないように素通りしていきます。











思ったことがなかなか言えません。

こんばんは、むあさるです。


月に一度もコンスタントに事故を起こしてたら

中には命に関わる事故もあったと思います。

命に関わる大手術もあったことでしょう。

と、言うわけで今日は手術の話。(かなり強引)











人気blogランキングへ←よしよし。その調子だ。あとはそこのヤツをそっと押せ。











人生の中で最も受けたくない手術は「脳」と「眼」でした。


























「脳」の手術は頭をいじられるって感じで嫌です。

ちょっと失敗しちゃいましたって言われたら

自分の頭の中が変になっちゃうんじゃないかという不安。


おいらは思考こそが自分自身のアイデンティティだと思っております。

自分が思ってること、考えてることそのものが自分自身だと。

顔や肉体はパーツに過ぎず、思考こそが自分だと。

なので

頭をいじられるというのは

自分自身を物理的な力で変えられるという不安があるのです。

そのため「脳」の手術は嫌です。こわいです。




「眼」の手術。

おいら手術のイメージとしては

寝てる間に終ってました、なんと10時間に及ぶ大手術だったのですよ。

みたいな気づかない間に治ってましたという感じ。

だけど「眼」の手術については

術中「眼」開きっぱなし。

寝てる間どころか瞬きひとつできない状況。

向かってくるメスを凝視せざる得ない恐怖。

こわいです。

ご遠慮願います。







そんなワースト2の手術ですが、

実は

おいら「眼」の手術をしたことがあるのです。

学生の頃にね。






それはコンタクトの更新に行ったときのこと。

視力測定やフィッティングの検査も終わり、

あとは眼科医の形式的な診察のみ。


ちょっと暗めの部屋で、眼科医とマンツーマンで

ライトを見ながら

「はい、上見てー、下見てー、右ー、左ー、はい終わりー」

といつもそんな感じで終るのですが、

その日は

「はい、上見てー、下見てー、ん?右ー、左ー、はいもう一回

上見てー、下見てー、ん?あれ?」





なに、その途中に混じる疑問符?





「うん、網膜はく離だね。紹介状書くから入院ね。」





∑( ̄□ ̄;)



そんな軽~い感じで言われても・・・


もう、WBCのチャンピオンベルトは狙えないのか。

いやボクシングやる気もないんですけどね。







というわけで2日後に入院。

手術は一週間後。


でも内臓の病気ではないので

お見舞いのお菓子やら果物をばくばく食べてたら

一週間で3キロ太りました。



で、手術前日。

術式の説明があったのですが、

聞くだけで鳥肌もの。



「えーとまず白眼の部分にメスを入れて、

あ、白目って実は透明な膜みたいな感じなんですよ、

で、その膜をべろんと剥いで眼球の内側をむき出しにします。

ほんとに目ン球飛び出しますよ。あはは。

で、眼球には4本の眼球を動かす筋肉がついてますので

それをファイバーの糸でそれぞれ縛ります。

手術中に眼球が動かないようにね。

で、網膜が剥離した部分をレーザーで焼き合わせて

そのあと患部から剥離しないようにそとから眼球を

シリコンの紐で縛ります。

それで白目をもどして終わりです。

大体1~2時間程度ですね。

では、手術の承諾書にサインを・・・」







逃げちゃダメですか?






あ、ダメですか?







手術当日。

テレビでよく見るあの緑色の手術服を着せられて

キャスターに乗せられて手術室へ。




「じゃ、麻酔打ちますねー。2本打ちますねー。」



と、取り出された注射。

なんと針が10センチほどもある注射。


ねえ?ハチドリ?それはハチドリのくちばしなの?


というくらい存在感のある針。




「はい、じゃあ打ちますねー」



と言われて打たれたのが

1:耳たぶのウラから目玉方面に向かって、

2:目のコメカミ部分から目玉裏側方面に向かって

でした。



頭の中からジュジュルルルルと注射液が注がれる音が。

まさか鼓膜の反対側から音を聞くとは。




「はい、じゃあメスいれますねー」




え?


まだ、あの眠くならないんですけど





抵抗むなしく手術開始。



前日に受けた説明どおりに着々と手術進行。

主治医と助手の人の動いているのが全部見えてます。


「あ、それちょっと違う!」

「これはこっちでいいんですよね?」

「あーもう、これでもいいかな」


みたいなやりとりも全てリアルタイムで進行。


怖い、

痛い、

怖い、

痛い、

まばたきしたい、









「はい、終りましたー。」





おいら全身緊張して強張ってました。

しかも汗びっしょり。


2キロ痩せました。






イメージどおりのとても嫌な手術でした。


もう二度とごめんです。














ココロの中の素敵さんが気になる一言


「最近若くても脳梗塞の人が増えてるんですってよ。」

ああ、

次は「脳」の手術か。


絶対嫌だ。



スポンサーサイト
悩める巨匠ちゃん | URL 10/13 19:02 | edit
リンクいただきまして

ありがとうございます!!

ぼくみたいな

ちいさなブログでよろしければ

リンク大歓迎です

こちらもリンク完了ですので

これからもよろしくです!!
いちご | URL 10/14 23:29 | edit
痛いと言えば、今親知らずの歯が痛いんです。右頬がズキズキして薬も効かなくてhttp://blog52.fc2.com/image/icon/i/F9A5.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">歯茎の下で何故か真横に生えてるらしくって抜くには歯茎を切り開かないといけないらしく大変なんだってhttp://blog52.fc2.com/image/icon/i/F999.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">顔も腫れちゃうだろーし嫌だけど…超痛い(T_T)
むあさる | URL 10/15 19:34 | edit
>悩める巨匠さん
リンクまことにありがとうございます。
毎日楽しく読ませていただいてます。
これからも大きな字で頑張ってください。

>いちごさん
親知らず。おいらも抜いたことないけど、めじゃ痛いらしいです。さぞかし怖いことでしょう。
こころゆくまでその恐怖を堪能ください。
(どSチックなおいらです。ご勘弁を)
Comment Writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://muasaru.blog52.fc2.com/tb.php/44-9c80f3cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。