スポンサーサイト
スポンサー広告 | | | edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美と書いてエロスと読む
日記 | CM:1 | TB:0| edit
昔の人は女性の美しさを例えてこういう言い方をしてました。



立てば芍薬(しゃくやく)。


座れば牡丹(ぼたん)。


歩く姿は
















ユリ・ゲラー













ユリ・ゲラー(Uri Geller, 1946年12月20日 - )は、イスラエル・テルアビブ生まれの超能力者を名乗る人物。スプーン曲げでブームになった。現在イギリス在住。

1964年にイスラエル陸軍に入隊するが、1967年の六日戦争で軽傷を負って除隊。その後ファッションモデルやキャンプ・カウンセラーなどの職を点々とする。

そのキャンプでシンプソン・シュトラング(通称シピ)という少年と知り合ったユリは、奇術の共同研究を始め、友人のパーティーやナイトクラブでの超能力ショーを始めるようになる。だが、そこでの奇術(テレパシー術)があまりに稚拙であったため、ナイトクラブの支配人らから訴えられ、裁判で「今後、イスラエル国内で超能力を冠したショーを行ってはならない」との処分が下される。また同じ頃、女優のソフィア・ローレンと一緒に写っている合成写真を発表し、世間から激しく非難された。

1974年を皮切りに、公式・非公式に何度か来日。当時の人気番組「11PM」や「木曜スペシャル」(日本テレビ)に登場。テレビの画面を通じて念力を送ることで、「止まっていた時計を動かす」あるいは「スプーンを曲げる」というパフォーマンスで日本での超能力ブームの火付け役となった。

1980年代後半以降、特に日本テレビの番組などでユリやその能力を取り上げることを度々行ってきたが、その際にユリ自身は「FBI捜査やCIAの秘密ミッションに携わっていた」「アメリカで広大な土地付きの豪邸に住んでいられるのは、自身の超能力で油田を探り当てたから」などと語っていた。

2000年、人気ゲーム「ポケットモンスター」のポケモン「ユンゲラー」に自分のイメージを盗用されたとして、任天堂を相手取り6000万ポンド(約101億円)の損害賠償を求める裁判をロサンゼルスの連邦地裁に起こした。しかし、任天堂側の弁護士の「ユンゲラーは超能力でスプーンを曲げる事が出来るが、このキャラとあなたが似ているなら今ここで超能力でスプーンを曲げてもらえませんか?」との口上に対して実践する事が出来なかったために訴えを取り下げた。












こんばんは、むあさるです。

ユリ・ゲラーをリアルタイムでは知りませんが

任天堂への訴えのくだりはリアルに面白いですね。




そろそろ勢いだけでは誤魔化せなくなってきました。

お肌の曲がり角を曲がって3件隣のタバコ屋のヨネ子さんです。

湯上り玉子肌ですか?

いいえ、タバコ肌です。 黄色いです。

それは黄疸ではないですか?

たぶん肝臓がイっちゃってます。

お酒は控えた方がよいと思いますよ。

はい、気をつけます。













人気blogランキングへ←平日でも頑張って。目標は野外ライブ1000回。














なんだかよくわからないことになってますが、

今日は女性の美しさについて考えてみたいと思います。











女性の美しさを感じるところはどんなところですか?

そんな質問を街頭アンケートでやってみたとしたら

90%くらいは「おっぱいです」と答えるに決まってるので

残りの10%くらいの少数意見を深く深~く掘り下げてみたいと思います。







以前にも書きましたが

おいらはふくらはぎ派。

あのししゃものような綺麗な曲線美はそれだけで

ごはん何杯でもいけちゃいます。






後輩のT(仮名、本名田中)君は


「僕は女性の鼻が好きです」


と言ってはばかりません。

とくに鷲鼻には目がありません。

呑むたびに「あの娘の鼻はいい」「その娘の鼻はちょっと」と

鼻談義をするので、彼には



鼻男爵



の称号を与えたいと思います。

英語でいえば「ノーズ・バロン」です。

なんかカッコヨスなぁ。


彼があまりにも鼻鼻鼻鼻いうので女性の鼻を気をつけて見るように

じっと鼻を見てるんですが、

どこがよいのか全くわかりません。


鼻にエロスを感じるか?

彼にしてみればむしろおっぱい丸出しで歩いてるのと同じくらい

鼻にエロスを感じてるのでしょう。


そこは、かくしておかないと。

エロス隠しておかないと。


鼻ブラジャーの必要性を訴えます。


みなさん気をつけて、鼻丸出しですよ。

ちょっと声を大にしてみる。









後輩のW君に同じように女性のエロスについて質問したところ、

驚くべき発言が帰ってきました。














「僕は脇スプーンですね。」













わ、脇スプーン?!
















な、何その魅惑的な響きは。

ふくらはぎ派のおいらも思わず身を乗り出すよ。

おいおいそれ以上乗り出したら落っこちちゃうよって言うくらい乗り出すよ。



W君にそれはどんなものかと聞いてみると



「女性が手を挙げた時などにできる脇の下のくぼみに、

ピカピカに光るスプーンをぴたっとあてること」



なに、そのシチュエーション?

究極のフェチシズムを感じさせるにおいがギュンギュンしますね。



脇スプーン。


その発祥はエロスの殿堂入りを果たしている

高田淳次先生らしいです。


なるほど、なっとく。



想像すればするほど


実際にやってみたい


と思う気持ちが強まってくる今日この頃。

あの脇の下にぴったりはまる銀のスプーンを創造すると

ごはん何杯でもいけそうです。





もしも願いがかなうなら











ユリ・ゲラーが曲げたスプーンで

脇スプーン。









夢のコラボレーション。

ああ、素敵だ。






今度飲み会のときにでも

よった勢いで脇スプーンをやってみようと思います。





∑(゜д゜;  ハッ!





しまった。

この季節は誰もキャミソールなんか着ていない!


来年まで持ち越しのこの企画。

モチベーションを保ったまま行きたいと思います。












ココロの中の素敵さんがあきれる


「全く男って生き物は・・・・」

ああ、

それでも僕らはエロスを求めるのさ。



スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます
| 10/21 00:44 | edit
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment Writing

管理者にだけ表示を許可する
 
http://muasaru.blog52.fc2.com/tb.php/48-1eca7649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。